もし自転車のサドルに鳥の糞が付いていたら、きっと嫌な気持ちになるでしょう。それは、自転車を盗もうと考える人も同じです。
「鳥のうんちシール」は、そんな「鳥の糞=汚い」という共通認識を利用した自転車盗難防止グッズです。

警察庁「平成30年の刑法犯に関する統計資料」によると、2018年に発生した自転車の盗難被害は、認知されている件数だけで18万3879件におよびます。これは、3分に1台のペースで自転車が盗まれている計算になります。

さらに、認知件数18万3879件の内、7万2763件は、施錠していたにもかかわらず被害に遭っています。自転車泥棒の手口も年々巧妙になり、鍵やチェーンを使用したこれまでの盗難防止策だけでは、不十分な時代に突入していると言えます。